カテゴリー:インターネット

記事一覧

々読み方は何?入力方法は?スマホの場合、パソコンの場合はどうすればいい?

 
インターネット - 雑学

々は入力しようとしたとき、あれどうやるんだっけっていつも思います。

々の読み方がわかればすぐ入力できるのにと思い調べたんですが

々は実は漢字ではなく、符号です。

なので読み方はありません。

それを知らずに・・・マメガクは・・・

漢字かと思って延々と読み方を探してしまいました。

この々という記号も頻繁ではないですが、いざ入力しようと思ったときに困っちゃうものの一つですよね。

 

ということで

今回は々読み方や入力方法をスマホの場合、パソコンの場合で調べてみました。

 

いつもは々を使った漢字を出していらないものを消して入力するというめんどくさいやり方をやっていたので

忘れないように備忘録的にまとめておきますね~。

 

 

々読み方は

 

々は踊り字(おどりじ)といいます。

同じ文字を連続して書くときに利用する符号なんです。

踊り字いがいでは同の字点、ノマ点なんていう言い方をすることもあります。

 

々の出し方、入力方法~パソコンの場合

以前までは、「続々」とか「時々」とか入れて前後の文字を消していました。

さすがにこれはめんどくさいっす。。。

パソコンの場合は結構簡単にこの々を出すことができます。

「おなじ」

「くりかえし」

「どう」

などで入力することができますよ。

※ちなみにマメガクはグーグル日本語入力を使っています。

めちゃくちゃ簡単でした。

 

々の出し方、入力方法~スマホの場合

スマホの場合、

「おなじ」「きごう」で出てきて入力できます。

ただ使っている機種の入力システムによって違ってきます。

ちなみにマメガクの場合は「おなじ」では変換しても候補は出てこず

「きごう」で変換候補に々が登場しました。

また入力方法を記号に変更してから探すと見つかりました。

 

自分の使っているスマホによってちがってきますので試してみてください。

スマホで手書きアプリを入れているひとはそこから入力のほうが早いかもしれません。

 

まとめ

々の読み方、パソコン、スマホでの入力方法を紹介しました!

符号の一種というのはほんと知らなくて、漢字だと思っていました。

 

今までめんどくさい入力方法をやっていたので、これでさくっと「々」を入力したいですね~

アンダーバーの出し方、打ち方、入力方法は?パソコンやiPad、スマホの場合はどうする?

 
インターネット - 雑学

ふとしたときに「あれ?どうするんだっけ」て困ることがあります。

今回のアンダーバー「_」の出し方、入力方法もそうです。

 

頻繁に入力することがあれば忘れないんでしょうが・・・

 

たまに入力するのですぐ忘れてしまいます。

 

ということで今回は

 

いつも「あれ?」ってなるのでアンダーバーの出し方、入力方法を備忘録的にまとめていきますね。

 

もし「あれ?アンダーバーってどうやって入力するんだっけ?」って迷ったら参考にしてください。

 

 

 

パソコンでのアンダーバーの入力方法、やり方

 

アンダーバーをパソコンで入力する場合のやり方

 

「SHIFTキー」を押しながら「ろ」を押すと出すことができます。

 

 

そのほか

入力を半角英数にして「SHIFTキー」を押しながらハイフンキーでも出すことができます。

 

半角のアンダーバーってどうやって出すのか?

 

上で紹介したやり方でアンダーバーを出すと変換候補に半角のアンダーバーが出てきます。

 

半角のアンダーバーを選択してください。

 

ちなみに私の場合グーグル日本語入力で入力しています。

 

 

iPad(タブレット)やスマホでのアンダーバーの出し方

 

iPadのようなタブレットやスマホの場合は記号の中からアンダーバーを選ぶやり方や

またキーボードを数字入力にしてから出す方法もあります。

 

↓数字入力にしてからアンダーバーを入力した場合↓

 

 

フリック入力の場合は

使っているスマホや自分の好みによってはキーボードの並び方をテンキー方式にしている方もいるかもしれませんね。

 

その場合は入力をAに変更してから

@の部分でフリック入力するとアンダーバーを出すことができます。

 

 

 

 

マメガクがもっているやっすいタブレットの場合はこんな感じです。

 

記号入力からアンダーバーを出す方法です。

 

 

 

数字入力にしてからアンダーバーを入力しています。

 

 

そのほかの方法~もっと便利に入力する方法ってあるの?

 

お使いの日本語入力システムによっては「アンダーバー」と入力して変換で出すことができるものもあるそうですよ。

 

 

残念ながらマメガクの場合はこれはできませんでした。

 

アンダーバーをあらかじめユーザー辞書登録しておくというのも便利です。

例えばアンダーと入力したら出せるようにしておくとよいです。

 

ユーザー辞書登録が使えるひとは試してみてください。

 

また使っているキーボードによっては

「した」と入力すると変換候補の中にアンダーバーが出てきます。

 

そのやり方で出す方法もあります。

 

 

まとめ

 

今回は

 

頻繁には使わないけど、いざ使う!となったときに「あれ?どうするんだっけ」と迷ってしまう、アンダーバー「_」の入力方法を紹介しました。

 

 

いくつかやり方があるので自分が使いやすいやり方を試してみてください^^