• ストロベリーナイトサーガ第1話感想と第2話第3話はどの話になるのか判明!

ストロベリーナイトサーガ第1話感想と第2話第3話はどの話になるのか判明!

 
エンタメ

ストロベリーナイトサーガ、第1話が放送されましたね~

キャストが竹内結子、西島秀俊、武田鉄矢などから

二階堂ふみ、亀梨和也、江口洋介らに変更になり

そのキャステングは放送前から賛否両論ありました。

放送後はTwitterですごい話題になっているので

なんだかんだ言って楽しみにしていた人も多かったのではないでしょうか。

メガクもキャステングは別にしても原作のファンだったのでもちろん見ました。

ということで

第1話の感想などまとめていきたいです。

また、予告編で、次の第2、第3話が、何の話か判明したのでそちらも紹介します。

というか、公式Twitterでばらしていました。。

ストロベリーナイトサーガ第1話感想

前のキャストが良かった!

なんていう意見をネット上で多数みましたが

それは言ってもしょうがないですよね。

新キャストも頑張ってました。

それより気になったのが構成と演出です。

ツラツラお話が進みすぎて印象に残りませんでした。

あれ?ラストまで、いっちゃったよって感じでしたね。

池のほとりに放置された謎のブルーシートの死体から

実はそれが一体ではなく多数あったということ。

その被害者が、なくなる直前まで、ハイテンションな生き方をしていた

という不気味さ

これがないまま、あっさりと発覚。

事件の黒幕も大塚の死後あっさりと発覚。

全体的にあっさりでした。

今は時代的に残酷シーン描けないのかと思ったのですが、

後半、ストロベリーナイトとよばれる殺人ショーのシーンをバンバン描いていました。

なのでそれは関係なかったようですね。

個人的にストロベリーナイトという生け贄ショーの怖さが

もっとストーリー前半ににあれば良かったかなと。

とはいってもストロベリーナイトサーガを初めて見る人は

それでも怖いと思ったみたいです。

なのでそれはそれで良かったのかもしれませんね。

今回初めてストロベリーナイトサーガを見る人がうらやましいです。

菊田役亀梨和也さんが意外とよかった

役者さんでいうと

意外に良かったのが菊田演じる亀梨和也さん。

寡黙で、実直な菊田になっていました。

あと、菊田の描き方が前回とは違うのでそれが新鮮でした。

これから考えても

やっぱりこのストロベリーナイトサーガはリメイクではなく新ストーリーから描けば良かったのにって感じましたね。

そうすれば前作の比較されないですし。

もしかしたらストロベリーナイトサーガがおもしろくなるかどうかは菊田の描き方にかかってくるかもしれませんね。

些細なことかもしれませんが

気になる点が亀梨さんの髪型。

髪形が少し刑事ぽくないかもです。

第2話、第3話はソウルケイジに

第1話終了後に流れたCMでストロベリーナイトファンにはピンっ!ときたはず。

死体なき殺人事件というキャッチフレーズならソウルケイジです。

公式Twitterではそうそうにネタバレしてたようですね。

姫川班シリーズのなかではこの作品が一番好き!というファンも多いです。

前作作られたストロベリーナイトでは連続ドラマの最終話で、3話構成でした。

今回は2話なのでどのような演出になるのか少し心配です。

ストロベリーナイトはドラマと小説であまり遜色がない作品だと

個人的には思っているのですが

ソウルケイジはドラマ版より原作の方が好きでした。

ミステリーなのに最後は涙が出ます。

姫川玲子の天敵、日下も登場しますよ‼

日下は前回は遠藤憲一、

今回は神保悟志が演じます。

役者のちがいはしょうがありません。

むしろ脚本や構成で頑張ってほしいです。

まとめ

ストロベリーサーガ第1話の感想と次回のストーリーはソウルケイジである

ということを紹介しました~

ドラマ序盤からいきなりソウルケイジというのはなかなか攻めますね。

現在、インビジブルレイン、ブルーマーダーは今作ストロベリーナイトサーガでドラマ化されるよう。

ブルーマーダーは前回ドラマ化されてないので期待大です。

関連記事