• ストロベリーナイトサーガ第2話ソウルケイジ前編あらすじ感想

ストロベリーナイトサーガ第2話ソウルケイジ前編あらすじ感想

 
エンタメ

ストロベリーナイトサーガ第2話が放送されました。

1週間たつの早いですね。

今回の視聴率はどうでしょうか。

 

ソウルケイジは原作を読みましたが犯人の人生がせつなすぎて涙が出ますよ。

 

あんまりネタバレかくと面白くないのでそこはうっすらと表現したいと思います。

ドラマを見て気に入った人はぜひ原作も読んでみてくださいね~

 

ソウルケイジは姫川玲子シリーズの中でも屈指の人気作だそうです。

 

ストロベリーナイトサーガ第2話ソウルケイジ前編あらすじ

ソウルケイジは前編後編で描かれます。

多摩川土手の路上に放置されたスクーターの荷台から切断された左手がビニール袋に入った状態で見つかります。

 

高岡が経営する工務店の従業員三島(堀井新太)の証言と指紋から

その左手の持ち主、被害者は高岡賢一(寺脇康文)とされます。

 

捜査会議で姫川玲子は川に死体は捨てられたのでは

などと推理を発言すると

予断は捜査の妨げになるといってくる日下守が!!

 

日下守は姫川玲子と同じ捜査一課の主任警部補です。

 

 

姫川玲子は日下守(神保悟志)を嫌っていますが、日下守のほうは意に介していません。

ただ「捜査に予断をもちこまない」という信条を貫きます。

 

 

姫川玲子は日下守に反発しつつも井岡(今野浩喜)との捜査を続けていきます。

そして被害者の高岡賢一を調べていくうちに驚くべき事実をつきとめて。。。。

 

 

第2話ソウルケイジ前編の感想と見どころ

初回を見たことで期待がなくなったのでソウルケイジは意外と普通に見れました。

やっぱり過度な期待は良くないですね^^;

 

ゲスト出演の寺脇康文さん堀井新太さん

中でも寺脇康文さんの高岡賢一が良かったです。

 

 

寺脇康文さんが演じた高岡賢一に関していえば前作の石黒賢さんより好きかもしれません。

 

 

今回姫川玲子のライバル、天敵役として登場した日下守の神保さん、そしてガンテツ役の江口洋介さんはさすがベテランと言う感じ。

もう役が馴染んできましたね。

姫川玲子役の二階堂ふみさん

菊田和男役の亀梨和也さん

馴染んで見えるにはもう少しかかる感じです。

 

姫川班が事件に関わる前に見せる日常シーンが第2話では登場しました。

まだちょっとぎこちないです。

 

菊田の存在感が薄れる?

少し菊田役の亀梨和也の存在感が第2話では物足りなかったです。

過去のトラウマで夜道、足がすくんで前に進めない姫川。

そんな姫川に対して「送ります」
と声をかけた菊田。

 

 

菊田は姫川のことが気になっているのですか二人にはまだ距離があります。

 

これから菊田が姫川玲子に心ひかれていく様子が少しずつ描かれていくのでしょうが

これがしっかり表現されないとこのドラマの肝がなくなる感じがします。

 

原作では二人は恋人なのかな?という描き方になっていますからね。。

それをあえて恋心をいだくまえからえがいているので

その過程はきちんと描写してほしいものです。

 

大塚役重岡大毅が回想で登場

重岡大毅が演じた姫川を慕う大塚役がストロベリーナイトサーガ第1話でまさかの殉職しました。

ストロベリーナイトサーガがはじめて見る姫川シリーズだった人はびっくりしたかもしれませんね。

 

第1話以降は出ないということでショックを受けたファンの人も多いです。

この大塚は原作でも姫川玲子がときおり思い出す部下として描かれます。

回想シーンに登場する可能性はあります。

大塚って印象深い役なんですよ。

 

個人的にはすごいいい役だと思います。

 

今回ストロベリーナイトサーガで描かれると言われている「ブルーマーダー」。

こちらにも原作では大塚を思い出すシーンが描かれています。

 

 

大塚が殉職する廃ライブハウスが池袋にあるという設定なのです。

池袋に来ると玲子は大塚のことをどうしても思い出してしまうのです。

 

 

姫川玲子には忘れられない人がいて

姫川玲子が刑事になるきっかけとなる女性警官、佐田 倫子

そして玲子の一番弟子を名乗り自分を目標だと慕ってくれた巡査長、大塚真二

この二人は姫川玲子には忘れられない人になります。

 

 

ストロベリーナイトサーガでは姫川玲子が刑事になろうと思った自分の事件のことがあまりはっきりとは描かれていません。

 

 

なので今の所佐田 倫子もほとんど登場しませんね。

個人的には姫川玲子が刑事になろうと決意した佐田 倫子の殉職をもっと描いてほしかったなぁって感じています。

 

 

井岡役の今野浩喜さんが正直期待はずれ

奇跡の顔面を持っている芸人今野浩喜さん。

いろんなドラマで印象に残る役を演じているのですが。。。

ストロベリーナイトサーガに関しては

今野浩喜さんが演じる井岡がうるさいだけであまりよくありません。

 

 

殺伐としたシーンが多いので井岡が持つ役割って結構大きいんですよね。

玲子とのやり取りがコミカルで、いい味になっているのですが

今回のドラマではそれがうまくいっていない感じです。

 

まだ2話目なので今後に期待。

今野浩喜さんてよく見ると眼光鋭いのです。

井岡のような役より実は犯人役のほうが合うかも。

 

あと、今野さんは関西のかたではないのでエセ関西弁がちょっと気になります。

 

まとめ

第3話はソウルケイジの後編になります。

前編で、高岡賢一が実は別人かもしれないという推理にたどり着くとこまで描かれました。

 

そして別人になりすました理由と子供のようにかわいがった三島耕介との関係が描かれると涙腺崩壊しますよ~

 

後半は一気に謎解きになると思いますが、原作のように涙涙のシーンになるか楽しみです。

関連記事