復讐の女神第1話 計画的な脱走あらすじと感想

 
エンタメ

ミステリードラマ好きなマメガクが食いついたのが
これ、復讐の女神です。
韓国原題はミス·マ 復讐の女神とのこと。
ミステリ好きならこの復讐の女神を見てピンときたのではないでしょうか。
アガサ・クリスティのミス·マープルシリーズにありますよね♪
この韓流ドラマ、復讐の女神はミス·マープルシリーズのいくつかの作品を原案に作品を作っています。
全16話です。

 

今回は第1話の計画的な脱走のあらすじと感想を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

第1話 計画的な脱走のあらすじ

 

スポンサーリンク

自分の娘を殺害した罪で治療監獄所に9年間入っていた女性が脱走します。
脱走の知らせを受けて現場に駆けつけた刑事のハンテギュ。
彼は女性を逮捕した時の刑事でした。。
収容されている間に体を鍛え上げ、人間の心理に精通した女性は脱獄に成功するのでした。

 

女性の心理をよんだハンテギュは逃げた女性の娘の納骨堂に女性が現れると踏んで、そこに向かいます。

 

読みは当たり女性を追いつめ逮捕しようとしますが
火事場の馬鹿力を出した女性がハンテギュに体当たりを食らわせ逃げます。

 

逃げられた後ハンテギュは9年間大人しくしていた女性がなぜ脱獄したのか
事件を再捜査した方がいいのではと、担当検事に掛け合うが、聞き入れてもらえず単独捜査を始めることに。

 

一方、女性は身分を偽り、真犯人を見つけるため
事件当時の目撃者である女性を探すためとある村に滞在しています。

 

ミス·マとして。。。

 

 

第1話の感想

 

 

主人公の女性が脱走するシーンからはじまったので、「これがアガサ・クリスティ?」と思ってしまいました。
原案ですから大胆にアレンジしていますね。
韓流ドラマはオリジナルを自国好みにするのが本当に上手いなあと。
自分の娘を殺した真犯人
そして自分に罪をなすりつけた真犯人
その人物に倍返し以上の復讐をするという決意のもとに
主人公が行動するところが韓流ドラマの王道だなと感じました。

韓流ドラマではかねがねミステリードラマ作りはあまり上手くないと思っていました。

なぜなら犯人探しというよりいつのまにやら復讐劇に変わっていってしまうからです。
元々復讐ドラマが人気なんでしょうね。

 

このところが韓流ドラマでミステリージャンルを見るときに好みがわかれるところ。

本作もメインのストーリーである主人公の娘を殺害した真犯人はすぐわかってしまいました。

このわかりやすいところが人気なのかもしれません。

ミステリドラマ好きとしては犯人がすぐわかるのはちょっと物足りませんが。。。

とはいえ大好きなアガサ・クリスティ原案の韓流ドラマなので楽しみです。

 

関連記事