復讐の女神第14話 本当の被害者のあらすじと感想

 
エンタメ

 

復讐の女神第14話「本当の被害者」のあらすじと感想を紹介します。

 

謎の多かったウンジ。

 

妹の敵をとるためにミス・マのところにやってきたウンジ。

ウンジの悲しい過去が明らかになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

第14話あらすじ

 

妹の最後の姿を写真で確認したウンジ。

回想シーンでは

妹を見つけるきっかけになったヘアピンのエピソードと

ちょっと目を話した隙に妹スジが誘拐されてしまうところが描かれています。

 

スジを誘拐したのはマルグが世話をしている親分の息子でした。

 

彼はチャン社長から金を受け取り、さらに金を脅し取れると考えますが

彼が相手にしようとしていたのはもっと恐ろしい組織でした。

 

 

そのとき痛め付けられた怪我が原因で、動けない体になってしまい病院にひっそりと入院してました。

 

 

シーンが代わって

派出所で新たな殺人事件がおきます。

 

元ネタは「書斎の死体」

 

被害者はとある芸能プロダクションにいる若い女性でした。

その女性はある大富豪から留学資金として大金をもらっていました。

事件現場の被害者の写真を見たミス・マはある違和感に気がつきます。

 

そして動機のある人間にはアリバイがあることを知り

アリバイを作るためにあるトリックを使ったことを推理して犯人を導き出すのでした。

 

スポンサーリンク

 

この事件によってミス・マは自分の事件も同じようにしたことに気がつきます。

そしてウンジの主張するミス・マの夫の関与をようやく信じるのでした。

 

 

ハンテギュ刑事はいよいよ事件の真相をつかみ、証拠の品を持ってミス・マを尋ねます。

ちょうどミス・マを待っていたウジュンと一緒になります。

 

 

そこにハンテギュ刑事の口を塞ごうと真犯人がよこした奴らにひき逃げされ、証拠を持ち去られてしまいます。

 

 

ハンテギュ刑事と一緒にいたウジュンも巻き添えになってしまうのでした。。。

 

 

第14話感想

スポンサーリンク

 

事件の真相が大分明らかになってきました。
そして事件の真相をつかんだハンテギュ刑事が犠牲に。

真犯人はかなりの悪です(^^;

 

ミス・マが夫が犯人のひとりであることに気がついたきっかけが、あるタレントの卵の女性の事件でした。

 

この話は先にも書きましたがアガサ・クリスティ原作の「書斎の死体」が元になっています。

 

書斎を派出所に設定を変えていますね。

これまで同様、事件の流れは原作を使っています。

が、原作とは全くの別物です。

 

この点がアガサ・クリスティファンとしては戸惑うところです。

 

ついつい原作ドラマと場面を変換して見ちゃうんですよね。

 

これは別のドラマとして見たほうがいいですね。

関連記事