• ストロベリーナイト・サーガ第6話「夢の中・闇の色」あらすじと感想は!第7話はいよいよあれ!

ストロベリーナイト・サーガ第6話「夢の中・闇の色」あらすじと感想は!第7話はいよいよあれ!

 
エンタメ

ストロベリーナイト・サーガも第6話です。

いよいよ後半に突入って感じですかね。

ども!マメガクです。

新しくリメイクされたストロベリーナイト・サーガ。

いろいろ批判もありますが、マメガクは楽しみにしていますよ。

ミステリードラマって作るのが大変なのか、日本ではあんまりないんですよね。

だからミステリードラマファンのマメガクとしては貴重なドラマです。

個人的には科捜研の○○とか緊急○調室とかはミステリードラマとしては魅力を感じていないんです。

安心して見れるという良さはあるんですが、少し予定調和なところもあるので^^;

それに比べてストロベリーナイトは原作ものなのでストーリーがしっかりしていて楽しめます。

スポンサーリンク

ストロベリーナイト・サーガ第6話「夢の中・闇の色」あらすじ

あらすじを簡単に紹介しますね。

被害者3名の連続刺傷事件が起こります。

計画的なのか通り魔事件なのか姫川班は捜査に乗り出します。

被害者は峰岡里美(黒沢あすか)、菅沼久志(市川貴之)、小野彩香(横田美紀)の三人。

切られた場所が悪かった菅沼はなくなってしまいます。

そして容疑者も自殺を図り意識不明の重体に。

そのため姫川班は容疑者の身元や犯行動機を調べるのに困難になります。

そんな中、葉山刑事が被害者の一人小野について捜査したいと姫川に申し出ます。。。

葉山刑事には自分の家庭教師が通り魔にあって刺殺される事件を目撃してしまうという辛い過去がありました。

果たして事件の真相は。。。

本作は前回の「ストロベリーナイト」ではドラマ化されていないので比較されない点がいいですね。

新鮮な感じで楽しめそうです。

原作も未読なのでドラマを純粋に楽しんで感想をあげていきたいです。

ちなみに原作は姫川班シリーズ短編集「インデックス」に掲載されています。

興味のある人はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ストロベリーナイト・サーガ第6話「夢の中・闇の色」感想

※ドラマを視聴したらまた追記します♪

初映像化だったので比較することもなく楽しめました。

ストーリーは今社会問題になっている育児放棄や児童虐が根底にありますが、

ずいぶんぼんやりと濁して描いてありました。

これが地上波で描く限界なのかな?

鬼母を黒沢あすかさんが上手く演じていましたが、

それだけでは少し物足りなかったかも。

ストロベリーナイト·サーガも後半になって

亀梨和也演じる菊田も二階堂ふみ演じる姫川玲子も存在感が出てきたのではないでしょうか。

二人の関係がまだ信頼関係しかないように見えるのは少し気になりますが。

このまま恋愛感情はなしでいくんですかね。

結末が辛口だったので亀梨和也の歌う主題歌「Rain」がなんか救いのように感じました。

まとめ

公式ページのあらすじを見ると今回は葉山刑事の過去も少し掘り下げてとりあげるのかな?って予想しています。

あと、第7話、第8話がインビジブルレインとのこと!

いよいよ来ましたか!!

インビジブルレインは前作では映画版「ストロベリーナイト」の原作でした。

ということは第6話でもっと姫川(二階堂ふみ)と菊田(亀梨和也)の距離を縮めてほしい!と切に願います。

さてどうなりますか。

それでは~

関連記事