• 韓流ドラマ ミス·マ 復讐の女神 第7話 無実の証明 あらすじと感想

韓流ドラマ ミス·マ 復讐の女神 第7話 無実の証明 あらすじと感想

 
エンタメ

ミステリドラマの見すぎで目がしばしばしています。(ToT)
でもやめられないんですよね~

ミス·マ 復讐の女神第7話のあらすじと感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

第7話あらすじ

スポンサーリンク

 

回想シーンから始まります。
娘のミンソが誘拐されてしまい、ミス·マは助けるために身代金を支払おうとします。
夫はそれを警察に通報するのでした。

そして現場の貯水湖付近で無惨な死体が発見されます。

ミス·マの車からは女児の血液。
凶器からはミス·マの髪の毛。
出てくるはずのない証拠が次々と。

娘を殺されたショックだけでなく犯人として逮捕されるミス·マ。
唯一の証人は幽霊のような存在と信じてもらえずミス·マは錯乱したまま収容されてしまうのでした。

それから9年後目撃者も見つけ捜査が進展するかと思いきや
女優の周りで殺人事件が起きてしまいました。

 

また、撮影現場でイ·ジョンヒがコーヒーを飲むと体調が悪くなります。
大事を取って入院することになります。

9年前の事件の目撃者でもあり真犯人に狙われたのか?

それとも?

事態を重く見た監督や映画関係者はイ·ジョンヒを降板させようとするのですが。。。。

入院から帰宅したイ·ジョンヒのベッドに9年前を思わせる人形が置かれていました。
おびえるイ·ジョンヒ。

それでも降板を受け入れないジョンヒ。

 

彼女のため監督はボディーガードを雇うことにします。

監督の古い知人がマルグの親分で、信頼のおける人物ということでコ·マルグがボディーガードになることになります。
最初はそれも拒否していたイ·ジョンヒでしたが、自分をゆすっていたネタをマルグが黙ってイ·ジョンヒに渡したことで信頼することに。

映画の投資家を集めたパーティーが開かれ、今度はミス·マもそこに参加することに。

屋敷を調べていると、ハンテギュ刑事がミス·マの夫と共にパーティーに現れて。。。。

 

またミス・マのピンチが訪れます。

 

 

第7話の感想

 

収容されたミス·マを心配する夫。

しかし面会が終わった後の表情の変化は怪しさ満点です。
演じている役者さん見事です。

 

ちょろちょろ他のドラマでもお見かけしますが。

ハンテギュ刑事がミス·マと夫をわざと対面させようと画策します。
二人は会ってしまうのか。
緊張感高まりましたね。
続きがめちゃくちゃ気になります。

 

そしてウジンの活躍がまた見られるようですよ。

関連記事