カテゴリー:エンタメ

記事一覧

韓流ドラマ復讐の女神第15話確かな証拠のあらすじと感想

 
エンタメ

真犯人もわかり、いよいよドラマも大詰めてす。

結構真犯人は序盤から匂わせてあったのであまり驚きはありませんでしたが^^;

早速まとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

 

 

復讐の女神~第15話あらすじ

 

9年前の事件の真犯人を見つけ、その証拠を手に入れたハンテギュ刑事。

証拠をミス・マに渡そうとしたところ、真犯人に車で。。。

そしてウジュンも巻き添えをくらってしまいました。

 

そして証拠は持ち去られ、ハンテギュ刑事は帰らぬ人に。

病院にかつぎ込まれたウジュン。

予断を許しません。

 

そんななか、マ・ジウォンが、自殺体で発見されたと、ヤンミヒ検事が、マスコミに発表します。

 

夫にも自殺をほのめかすメールを送っていたと。

この発表と、以前イ.ジョンヒの夫が真犯人をテレビで見たことがあると伝えていたことによって

真犯人の正体をつかんだミス・マ。

 

証拠はないけれど、真犯人に直接会って確信を得ようとします。

 

事故にあったウジュンもようやく持ち直し、ミス・マはハンテギュ刑事のお葬式に現れたヤン検事に会いに行きます。

 

ミス・マが生きていたことを知ったヤン検事でしたが、

マスコミに発表したこと

また、本物のマ・ジウォンが、会ったこともないミス・マの夫にメールを送ったことになると

ややこしい事態になると、ミス・マに脅されてしまいます。

 

そしてヤン検事はミス・マを逮捕できずそのまま見逃すことになるのでした。

 

スポンサーリンク

 

本物のミス・マが、生きていたことを知った夫は復讐を恐れて激しく怯えます。

一方事件の黒幕であるバートラムという会社を恐れてヤン検事は焦ります。

ことをうまく収めないと自分達の命が危ないからです。

ミス・マを消そうと手下を差し向けるのでした。

 

ヤン検事の差し向けた追っ手から逃げたミス・マやマルグ、そしてウンジ。

スジを誘拐した実行犯人に会いに行きます。

 

彼は知りすぎていたため消されそうになったところ一命をとりとめていました。

ただそのときの怪我が原因で寝たきりに。

 

体を動かすことはできませんが、スジを誘拐したこと、そしてそれを命じた犯人を覚えていました。

 

 

それを命じたのはミス・マの夫、チャン社長でした。

それがわかったとき、再びヤン検事が差し向けた追っ手がやって来て。。。

 

 

復讐の女神第15話感想

 

だいぶ前の回から、9年前の犯人の予想はつきました。

なのでその点についての驚きはないですね。

良い夫を演じていたチャン社長の化けの皮がはがれて良かったです。

今度は見苦しいほどに焦り、怯えています。

 

憎らしいほどに余裕を見せ、パワハラぶりを発揮していたヤン検事も必死です。

ミス・マは真犯人を見つけましたが、どのように復讐を成し遂げるのかいよいよ最終回が楽しみです。

 

 

復讐の女神第14話 本当の被害者のあらすじと感想

 
エンタメ

 

復讐の女神第14話「本当の被害者」のあらすじと感想を紹介します。

 

謎の多かったウンジ。

 

妹の敵をとるためにミス・マのところにやってきたウンジ。

ウンジの悲しい過去が明らかになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

第14話あらすじ

 

妹の最後の姿を写真で確認したウンジ。

回想シーンでは

妹を見つけるきっかけになったヘアピンのエピソードと

ちょっと目を話した隙に妹スジが誘拐されてしまうところが描かれています。

 

スジを誘拐したのはマルグが世話をしている親分の息子でした。

 

彼はチャン社長から金を受け取り、さらに金を脅し取れると考えますが

彼が相手にしようとしていたのはもっと恐ろしい組織でした。

 

 

そのとき痛め付けられた怪我が原因で、動けない体になってしまい病院にひっそりと入院してました。

 

 

シーンが代わって

派出所で新たな殺人事件がおきます。

 

元ネタは「書斎の死体」

 

被害者はとある芸能プロダクションにいる若い女性でした。

その女性はある大富豪から留学資金として大金をもらっていました。

事件現場の被害者の写真を見たミス・マはある違和感に気がつきます。

 

そして動機のある人間にはアリバイがあることを知り

アリバイを作るためにあるトリックを使ったことを推理して犯人を導き出すのでした。

 

スポンサーリンク

 

この事件によってミス・マは自分の事件も同じようにしたことに気がつきます。

そしてウンジの主張するミス・マの夫の関与をようやく信じるのでした。

 

 

ハンテギュ刑事はいよいよ事件の真相をつかみ、証拠の品を持ってミス・マを尋ねます。

ちょうどミス・マを待っていたウジュンと一緒になります。

 

 

そこにハンテギュ刑事の口を塞ごうと真犯人がよこした奴らにひき逃げされ、証拠を持ち去られてしまいます。

 

 

ハンテギュ刑事と一緒にいたウジュンも巻き添えになってしまうのでした。。。

 

 

第14話感想

スポンサーリンク

 

事件の真相が大分明らかになってきました。
そして事件の真相をつかんだハンテギュ刑事が犠牲に。

真犯人はかなりの悪です(^^;

 

ミス・マが夫が犯人のひとりであることに気がついたきっかけが、あるタレントの卵の女性の事件でした。

 

この話は先にも書きましたがアガサ・クリスティ原作の「書斎の死体」が元になっています。

 

書斎を派出所に設定を変えていますね。

これまで同様、事件の流れは原作を使っています。

が、原作とは全くの別物です。

 

この点がアガサ・クリスティファンとしては戸惑うところです。

 

ついつい原作ドラマと場面を変換して見ちゃうんですよね。

 

これは別のドラマとして見たほうがいいですね。

韓国ドラマ「復讐の女神」第13話~子供への愛あらすじと感想

 
エンタメ

韓流ドラマ復讐の女神も終盤になってきました。

 

 

今回の記事には実行犯のネタバレがあるので、楽しみにとっておきたいひとは気をつけてください。

ミス·マの夫、チャン社長には実は共犯者がいました。

 

これがかなりの悪です(^^;

 

見ているこちらも「むむむ!!」となるほど。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

復讐の女神第13話 子供への愛あらすじ

本物の作家、マ先生は欲をかきすぎて、真犯人に殺害されてしまいました。

実行犯は9年前の事件の担当検事、ヤン部長でした。

 

あまりそういう描写はありませんが、チャン社長とヤン部長は付き合っているようです。

 

ヤン部長はミンソを誘拐したあと、ミス·マの後をつけ

誘拐が、ミス·マの自作自演に見えるよう工作しました。

 

そしてミス·マの夫にはアリバイを作ったのです。

ミス·マの夫は9年前、怪しい会社にお金を上納。

また土地を買い占めたり裏金を作ったりしていたのです。

それをミス·マに知られてしまいます。

 

そして、会社から追い出されるのを阻止するため、ミス·マを陥れ会社をてに入れました。

 

本物のマ先生を脱走犯である妻と思い込み再び凶行におよんだヤン部長とチャン社長。

子供の後を追って自殺したと見せかけます。

 

チャン社長はミス·マが自殺をほのめかす内容のメールをハンテギュ刑事に見せかけます。

 

すでにチャン社長とヤン部長に疑いを持つハンテギュ刑事はそのメールを内心信じていませんでした。

 

ミス·マはウジュンの身元を引き受け人をマルグにお願いします。

一旦はマルグの家にいくと言ったウジュンでしたが、

本心はミス·マと暮らしたいのです。

 

ある日マルグの家からウジュンが居なくなります。

ミンソがいなくなった思い出と重なりミス·マはウジュンを探し回ります。

そしてウジュンを見つけたマは、自分は娘を殺されたこと。

犯人を見つけなくてはいけないこと。

でもウジュンが心配だと言う本心を語ります。

 

ウジュンもミス·マと一緒にいたいと自分の気持ちをはっきりと言うのでした。

ウジンはミス·マの娘の代わりに誘拐され、被害にあった妹の最後の写真をハンテギュから受けとります。

 

そして敵をとると誓いつつ、妹に別れを告げるのでした。

 

 

第13話の感想

 

スポンサーリンク

 

9年前の事件の真相は視聴者にはわかるよう描かれています。

 

夫が悪!!

 

ところがまだミス·マは夫を信じています。

そのあたりが視聴者としてはやきもきしますね。

 

真犯人のチャン社長(ミス・マの夫)の化けの皮がどんどんはがれてきました。

自分の欲のために娘を巻き込んだ罪をはやく償ってほしいです。

 

もうアガサ・クリスティの原案はでてこないと思っていましたが、次のお話はもう一作ネタ元に使ってました。

どうやら「書斎の死体」を原案にしているようです。

 

文庫の会長が隣人トラブルに巻き込まれています。

そして隣人の男性が関わって来ますよ。

どのような展開になるか気になるところです。

 

もう一気にミス・マの事件に絞ってもいいような気がしますが^^;

復讐の女神~第12話「共犯者の存在」あらすじと感想

 
エンタメ

ミス·マのところに本物のマ先生が現れたため、けっこうめんどくさい状況になってしまいました。

 

ミス·マとちがってマ先生は人間的に浅はかで、虚栄心が強く欲張りな人間です。

 

ミス·マが自分に強く言えないことをいいことにやりたい放題しています。

 

そんな中共犯者の存在が明らかに(ドラマ見てると予想つきますが)なります!

 

 

スポンサーリンク

 

 

第12話共犯者の存在のあらすじ

マ先生の元に警察がやって来ます。

どうやらマ先生の方が脱走犯と思われているようです。

指紋を調べたら脱走犯とは一致しなかったため、警察は赤っ恥をかくことに。

マ先生も嫌みたっぷりに警察を非難します。

一方

 

ウンジは本物のミス·マと再会します。

 

そしてミス·マの夫が共犯者と共に9年前の事件を起こしたと告げます。

 

娘を可愛がっていた夫を思うととても信じられないミス·マ。

 

だが9年前の遺体を本当に見たのかと聞かれると

ミス·マは恐ろしくて見ることが出来なかったと答えるのでした。

ミス·マの方もウンジに9年前の事件を調べる理由を聞きます。

するとウンジは「妹の敵討ち」と答えます。

 

夫チャン·ソンミンに会いに行くミス·マ。

ミンソ(ミス·マの娘)の遺体の顔をはっきりと見たのかと聞くためでした。

あれはミンソだったと答える夫。

 

あのときの被害者が、ウンジの妹ならもしかしたらミンソは生きているのかもと思ったからとミス·マは答えます。

 

スポンサーリンク

 

マ先生はマフィアゲームが行われた家に取材に行こうとしていました。

そこにウジュンの姉が弟ウジュンを引き取ってくれと言いに来ます。

詳しい事情を知らないマ先生は最初断ろうとします。

 

ところがウジュンの後見人になると、彼には20億の遺産があることを告げられると

身元を引き受けると安請け合いしてしまいます。

復讐のため、町を去ろうとしていたミス·マ。

 

マ先生が勝手に引き受けたことに対して

 

彼女はウジュンの後見人になることを撤回するようマ先生に言います。

するとマ先生はマフィアゲームでの事件を解決できた方が言うことを聞くことにしましょう。

 

という勝負を持ちかけてきました。

マフィアゲームで起きた殺人事件の犯人をミス·マが言い当てます。

 

勝負に負けたマ先生は最後のお願いを聞いてくれと

ミス·マの全財産をもらいます。

 

ミス·マの夫にも電話をしたマ先生。

夫からも金を騙しとり、ウジュンの後見人になってウジュンの財産も手に入れようとします。

 

マ先生がミス·マの夫と待ち合わせしたのは

9年前の事件現場。

 

マ先生は9年前の事件の共犯者にミス·マと間違えられて殺されてしまいます。

その共犯者は。。。

 

 

感想

スポンサーリンク

 

推理小説家として才能がないと確信したマ先生。

大人しく町を去るのかと思いきや

お金への執着から身を滅ぼしてしまいました。

9年前の共犯者に襲われて殺される時

マ先生は自分がどうしてそういう目に遭うのか

理解できないままでした。

それが少し哀れでしたね。

 

共犯者で、ミンソ(ミス·マの娘)を殺害した実行犯もわかりました。

 

ハンテギュ刑事もウンジのヒントによってその共犯者にたどり着いています。

 

かなりの悪党ですよ、この共犯者は。

ドラマを見続けていると共犯者はある程度予想がつくので

ミステリードラマとしてはどうかなと言う感じを正直受けましたね。

 

ミス·マの9年前の事件の共犯者の方がメインになっているので予告殺人の犯人探しは影がうすくなってしまいました。

 

あくまで原案なのでいいのかな。

オリジナルな感じが強くなっていますね。

アガサ・クリスティの原作好きの人にはものたりないかもしれません。

 

原作とはかなり違いますが韓国ドラマはとにかくリメイクしてアレンジするのがうまいという印象を受けます。