カテゴリー:エンタメ

記事一覧

韓流ドラマ 復讐の女神第11話マフィアゲームのあらすじと感想

 
エンタメ

韓流ドラマ復讐の女神も終盤です。

ドラマ自体は視聴済みなのですが^^;

あらすじと感想の更新が遅れてしまいました。

韓流ドラマの復讐の女神は10話でやっと鏡は横にひび割れてをベースにした話が終わりました。

もともと原作である「鏡は横にひび割れて」がミス・マープル作品の中で好きではないので少しほっとしました。

今度は予告殺人をベースにしたお話しになりそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

第11話「マフィアゲーム」あらすじ

 

イ・ジョンヒから9年前現場に女性がいたという証言を得たミス・マ。

今度はその共犯者を見つけなければと考えます。

そして町を出ていこうと考えます。

そんなミス・マのところに本物のマ先生がやって来ます。

ミス・マから素敵な別荘を用意してもらったにもかかわらず、

新しい作品を書けないマ先生。

気晴らしに町に出かけた時、自分に別荘を用意した女が自分になりすまし数々の事件を解決していることを知るのでした。

そしてやって来て自分に解決した事件を書かせろと要求します。

村から去ろうと考えていたミス・マ。

 

自分が去るまで待てとマ作家に言うのですが。。。

 

そんなとき隣町から「マフィアゲーム」お誘いがきたから手伝ってほしいとミス・マは町の文庫の会長に頼まれます。

 

マフィアゲームを開催される家にウジュンも来ると言われ心が揺れます。

でも断ろうとしていたところにマ作家がいたために参加することになってしまいます。

そしてマフィアゲーム当日、再び殺人事件が起こるのでした。

 

感想

スポンサーリンク

 

ミス・マが濡れ衣を着せられた9年前の事件の真相にまた1歩近づきましたね。

まあ、ミステリ好きの視聴者なら、もう共犯者は予想がつくかもしれません。

 

ここに来てミス・マがなりすましているマ先生の登場。

話を色々とかき混ぜる存在になりそうです。

 

本物のマ先生は、虚栄心が強く欲深い人間です。

この欲深さが彼女の身を滅ぼさないといいのですが。

 

今回のベースになった原作の予告殺人。

もともと原作でも描かれる犯人を見つけるゲームで本当の殺人事件が起きてしまうという要素はうまく取り入れた感じです。

 

ただミス・マの復讐がメインにあるのでどうしてもアガサ・クリスティの原作が薄まってしまう印象です。

ミス・マとマ先生のひとり2役を見事演じたキムユンジンさんは演技派だと感心しました‼

ウンジはハンテギュ刑事に妹が、ミス・マの娘の代わりに被害者になったことをうちあけます。

 

最初は信じられなかったハンテギュ刑事です。

 

でもウジンのミス・マの夫と共犯者が真犯人であること

共犯者はミス・マの夫の会社と競合していて、倒産した会社を調べればわかると

ハンテギュ刑事にヒントを与えましたね。

ハンテギュ刑事はすでにミス・マではない真犯人がいることに確信を持ちつつありました。

 

そして9年前の事件について何か知っているようだったウジュンの父が獄中で謎の死を遂げます。

 

マフィアゲームの顛末よりミス・マが無実の罪を着せられた事件の真相のほうが

 

どうしても気になるストーリー展開ですね。

 

 

 

【韓流ドラマ】復讐の女神第10話~不幸を知る人~あらすじと感想

 
エンタメ

第9話で、女優イ·ジョンヒの周りでおこった殺人事件の真相がわかってきました。

 

10話では解決するのでしょうか。

そろそろしてほしいところです。

 

 

 

韓流ドラマのいいところでもありまどろっこしいところでもあるのですが

繰り返しの描写が多くてドラマの店舗が悪くなるんですよね^^;

それではあらすじと感想です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

第10話あらすじ

 

 

秘密を知っているという脅迫のメールを受け取ったイ·ジョンヒは

金は払うから手渡ししたいと返事します。

 

そして受け渡し場所のスタジオに向かいます。

 

 

スタジオに到着する直前に

スタジオにはくるなという謎のメールが来るのですが

イ·ジョンヒが構わずそこにいくと

脅迫者のチェ室長の死体と

写真家のチョン·ユジョンがいました。

 

 

そしてユジョンは

「来るなといったのになぜ?オンマ!」

と言います。

 

 

そこで初めてイ·ジョンヒは写真家のユジョンが、かつて自分が捨てた養女イェジだったと気づくのでした。。。

 

 

自分に後始末は任せてチェ室長の携帯を処分するように言うユジョン。

 

 

場面かわり

スタジオにマルグ、そしてミス·マとウンジがかけつけます。

そこにユジョンの悲鳴が。

 

 

チェ室長の死体のそばで震えるユジョンは「イ·ジョンヒが逃げるのを見た」と。

 

 

ミス·マは元養女のイェジが、ユジョンだと推理しますが、証拠がありません。

 

 

一方ウンジはイ·ジョンヒの家に忍び込み彼女に直接妹の髪飾りをみせ話を聞こうとしますが。。。

 

 

ミス·マは自分を捨てた養母をなぜ助けるのかが、わからなかったのですが

ユジョンは不幸を知るものはたった一度の幸せな思い出を大事にすると。

 

 

そして知りすぎたミス·マを殺そうとします。

 

 

ミス·マを助けたのはマルグでした。

 

スポンサーリンク

 

 

ミス·マが目覚めたとき部屋にはマルグが世話をしている大親分がいました。

そして9年前の事件に関わったごろつきの話をするのでした。

 

 

ユジョンはイ·ジョンヒを守るためすべての罪をかぶって警察に逮捕されます。

だんだんと精神的に追い詰められていくイ·ジョンヒ。

 

何があっても、どんな手を使っても君を守ると。

そこに真相を話すためミス·マとウンジがやって来ます。

 

出迎えたのはジェドク監督でした。

 

 

そして妻は私が入れたコーヒーを飲んで眠っているはずだというジェドク。

不穏なものを感じたミス·マらはジョンヒを探します。

 

 

するとジェドク監督の入れたコーヒーは手つかずのまま残っていました。

横にはジョンヒの遺書が。

 

自分のために罪を被ろうとした養女のイェジ。

 

 

今度は彼女を守るためジョンヒがすべての事件の犯人は自分だと書いた遺書でした。

ミス·マが発見したときジョンヒは虫の息でした。

 

そして自分を守るために夫を殺人犯にできないから、自ら自殺すると。

またミス·マには無実と知っていたのに証言しなかったことを謝罪します。

 

ミス·マの娘を誘拐したのは違う女性だったこと。

 

そして復讐をしようとしているミス·マに、復讐はしてはいけない。
あとに虚しさが訪れると言い残し息を引き取るのでした。

 

 

事件解決後

ウンジはしばらく家を出るとミス・マに告げます。

 

そしてミス·マの家に本当のミス·マがやって来ます。

また波乱の予感ですね‼

 

 

感想

スポンサーリンク

 

あらすじにはのせませんでしたが、ハンテギュ刑事が、ミス·マが犯人ではないという考えに達したようですね。

 

ただ大事な目撃者であるイ·ジョンヒが、なくなってしまいました。

彼女は死ぬ間際に違う女性の存在を示唆しました。

 

そしてマルグが世話をしている親分が何か知っているようです。

「鏡は横にひび割れて」を元にした話は今回で終わりです。

 

やっぱりミス·マの娘の事件の印象が強すぎるんですよね。

 

元ネタの「鏡は横にひび割れて」はどこか行ってしまった感じでした。

 

色々な思惑と事件が重なっていたので紛らわしかったのですが

スタジオまで男たちがイ·ジョンヒを襲った事件のひとつはどうも9年前の事件が関係しているものもあるようですよ。

 

またジェドク監督が

イ·ジョンヒが真犯人の女の顔をニュースで見たと言っていたと手掛かりをくれます。。

大きく話が進展しそうです。

 

 

台湾まぜそば【マツコの知らない世界】~初めて食べる人におすすめしたいお店はどこ?

 
エンタメ - 食べ物

マツコの知らない世界で9月10日に放送される台湾まぜそばの世界。

台湾まぜそばの魅力を教えてくれるのは東京大学院生の塚田涼太郎さんです。

台湾まぜそばを通してお友達ができたと語る塚田さん。

東京大学で台湾まぜそば研究会で活動されています。

 

マツコの知らない世界では台湾まぜそばの中でもストロング系、女子ウケ系(マイルド系)追い飯、自宅レシピなども紹介してくれるようです。

 

冷凍食品やカップ麺でも台湾まぜそばが販売されているのでそちらも試してみたいですね。

マツコも食べたことがないそうですが

管理人も台湾まぜそばは未体験。

 

まだ誕生して10年ほどの歴史だそうです。

すっかり定着してますます人気をあつめていますね。

 

 

台湾まぜそばの魅力はすべての具材をごちゃまぜにして食べるという罪悪感

見た目はちょっとお行儀悪いかもしれませんが

いろんな味の合わさって美味しそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

マツコの知らない世界で紹介!台湾まぜそばの名店

 

※番組後追記していきます。

 

 

麺屋はなび

予告動画で紹介されると予想されるのが

麺屋はなび

台湾まぜそば発祥のお店です。

公式ホムペ:https://www.menya-hanabi.com/

 

東京大学台湾まぜそば研究会が初心者にすすめるお店

 

スポンサーリンク

 

麺将 清正(札幌)

麺屋はるか(秋葉原)

にし乃(本郷三丁目)

らーめん潤(亀戸)

田ぶし(沼津)

麺屋はなび(高畑)

あらし(名古屋)

MONOHON(ロンドン)

駒場祭2019では東京大学台湾まぜそば研究会が

まぜそばの屋台を出すそうです。

 

 

 

まだ先ですが楽しみですね~

 

台湾まぜそばの定義とは

豚ミンチ
卵黄
ネギ
ニラ
海苔
おろしニンニク
魚粉

以上が入った汁なしそばのこと

台湾と名前がついていますが名古屋が発祥です。

 

追い飯の食べ方

 

台湾まぜそばの楽しみの一つに追い飯があります。

麺を食べ終わったら追い飯を頼みます。

残ったタレと具にご飯をまぜ食べる。

残すことなくとことん台湾まぜめしを楽しむという感じですね。

 

女性には量的に麺だけでよさそうですが

 

男性でたくさん食べたい人は追い飯というのは定番でいいかもしれませんね。

 

ちょっと糖質が高くなりそうなのが気になります^^;

やっぱり美味しいものは油と糖が多めです。

 

まとめ

 

 

マツコの知らない世界でも取り上げられた台湾まぜそばを紹介しました。

麺といったらどうしても汁ありのほうが好きなのでこれまで

台湾まぜそばを食べてきていませんでした。

 

やっぱりテレビなどで紹介されているのを見ると美味しそうですね。

ひき肉や卵黄などが入っているのでタンパク質も取れそう。

麺少なめならダイエット中の管理人も食べられるかな。

 

横浜近くで食べられるお店を調べて行ってみたいです。

 

 

復讐の女神 韓流ドラマ版第9話守りたいもの あらすじと感想

 
エンタメ

韓流ドラマ「復讐の女神」の感想を載せるのにしばらく期間が空いてしまいました。

 

第9話「守りたいもの」のあらすじと感想です。

 

前回のあらすじを簡単におさらいすると。。。

 

助監督のミョンヒが新たな犠牲者になってしまいました。

彼女は死ぬ間際、愛するジェドク監督に電話をします。

自分に毒を持ったのがジェドク監督と思ったのか  「なぜ?」と言いながら。。。

 

その事でジェドク監督が犯人と疑われるのですが。。。

 

そろそろ「鏡は横にひび割れて」は終盤ですかね。

復讐の女神自体もちょうど半分まできました。

いよいよ後半戦です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

第9話あらすじ

スポンサーリンク

 

ハンテギュ刑事が9年前の事件のの現場にやって来ます。

女児の体重と同じ重さの米袋を担いで現場に行くのですが

どう考えてもヒールを履いた女性では時間内にたどり着くのが難しいことに気がつきます。

ハンテギュ刑事は表だって主張はしていませんが

ミス·マは犯人だと思っていないようです。

一方パク.ミョンヒ助監督が毒殺された事件でジェドク監督が容疑者になってしまったようです。

それでも確証がなく捜査は進展しません。

そんな中ミス·マは守りたいものがあるから人はウソをつくと言っていたミョンヒの言葉から

ジェドク監督が元スタイリストを殺害した犯人を知っていてかばっていると推理します。

そして事件のあったパーティー会場で、犯人がとっさに事を起こしたきっかけがあるところまでたどり着きました。

 

一方、イ·ジョンヒは誰かに脅されています。

脅しているのは室長。

 

最初の事件が起きたときメーキングビデオを撮影していました。

そのとき映像に犯人が映っていたんです。

 

それをネタにイ·ジョンヒを脅していました。

室長に金を支払うためスタジオを訪れたイ·ジョンヒは

室長の死体を発見します。

 

そしてそこにいたのはイ·ジョンヒをオンマと呼ぶ女性で。。。

犯人のネタバラシはしない感じであらすじを紹介しました。

 

感想

スポンサーリンク

 

事件解明はいよいよ大詰めです。

最初の元スタイリストの事件の犯人がわかり、その動機までたどり着きました。

この事件自体はあのパーティーで衝動的に起きたものでした。

 

そしてそのあとの事件はイ·ジョンヒをかばうために次から次へと起きたものです。

犯人が複数いたことで事件を複雑に見せていたんですね。。。。

 

 

ところがまだこの話第9話では終わらなかったんです。

「鏡は横にひび割れて」まだ続くのか。。

 

マメガクは、ミス·マープルの話の中ではあんまりこの「鏡は横にひび割れて」が好きじゃないんですわ。

 

早く次に進展してほしかったです。

まあほぼ犯人は出揃ったので次回第10話では解決するでしょう。